ご家庭でできること
藤岡デンタルクリニック ホーム > ご家庭でできること
歯並びが悪くなる主な原因
ご家庭でできる歯並びを良くしていく方法を知る前に、どういうことが歯並びを悪くする原因に繋がっているか知っていただく必要があります。原因を理解しているだけで、気をつけることが明確になっていきます。
  • 食生活に問題がある
  • 舌をよく出す癖がある
  • 指をしゃぶることが多い
  • 舌で歯を押す
  • 頬づえを頻繁にする
  • 片側の歯だけで噛む
  • 食べる姿勢が悪い
  • 唇を噛む癖がある
歯並びを良くするためには食事の仕方が大事!
歯並びを良くするために最も大事と言われるのが食事の仕方です。それは咀嚼の仕方、食べる物の種類、食べる姿勢など総合的な食事の仕方が大事になってきます。
食生活において、大事になってくるのがベロをしっかり使うこと、肉を前歯でしっかり噛むことが挙げられます。前歯を使うこと鼻あたりから下の骨格が前方に出ていき、ベロで潰す動きを繰り返すことで、上の歯の並びが横に広がります。これが繰り返されることで、徐々に骨格が前方と横に広がり、それに対して下顎が合わせていき、整った骨格が形成されていきます。咀嚼(そしゃく)をする際に、上顎と下顎は必ず合わないといけないので、自然と合っていきます。こうしたことが日常的に繰り返されることで、歯並びと骨格を綺麗に整えていきます。
ご家庭でできる!食事で気をつけるチェック項目!
食事をする際に、主にこういった項目が挙げられます。このことに気をつけることで、綺麗で整った歯並びへと近づけることができます。一度、癖がついてしまった食事の方法は後から直そうとしてもなかなか直らないものです。お子様が小さい時から、以上のチェック項目を実践していただき、食生活として身に付けるようにするのをおススメします。
  • 舌で食べ物を潰すように食べる
  • 噛む回数を多くする
  • 前歯で食べ物を噛みちぎるようにする
  • 食事時の姿勢を良くする
  • やわらかい物ばかり食べない
  • 乳歯が生えてきた時期に気をつける
  • 左右両側の歯を均等に使う
  • 離乳食の時期に気をつける
初回につき無料相談を受付中!
子どもの歯のことでお悩みの方、
小児矯正に少し興味があるけどなかなか踏み出せない方、
どなたでも初回につき無料相談を受け付けておりますので、
この機会にぜひ一度ご相談ください!
「ホームページ」を見たとお伝えいただくだけで無料になります!
無料相談へ進む